マンガのしくみ

マンガのしくみマンガのしくみ―プロのマンガ家を目指す人のグラフィックバイブル

 これから漫画家を目指す人、編集とか漫画周辺で働きたい人向けの仕事図鑑です。1冊の本にマンガの描き方から業界のしくみまで、広く浅く解りやすく、詰め込めるだけ詰め込んだ内容になっている。初心者が知っておきたいポイントをしっかり押さえていて、全ページの約半分が「アナログ漫画の描き方」、残り四分の一ずつ「デジタルマンガの描き方」と「漫画業界の話」になっています。
マンガのしくみ~プロのマンガ家を目指す人のグラフィックバイブル(出版社:Works Corporation)

 プロの現場訪問で漫画「交響詩篇エウレカセブン」の作者(片岡人生、近藤一馬)の仕事場が公開されている。テレビに出てくる大漫画家の雲の上の話より、親近感のあることが書いてある。とはいえ、十代で何がしかのきっかけをつかむくらいの才能がないと、二十代で連載がもらえるようにはならないことも判る。
 あと仕事場の本棚に「宮崎駿の雑想ノート」と「カウントダウン(うたたねひろゆき)」・・・・うん、まあ持ってるよね。

 昔からミリペンで描く漫画家はいたけど、最近はインクタンクが付いたコミック用のペンがあるんですね。使っている人がいるのか気になります。

マンガのしくみ中身01
 
マンガのしくみ中身02
 
マンガのしくみ中身03
 
マンガのしくみ中身04

▼目次
01マンガという表現
 マンガとは何か
 さまざまなマンガのジャンル
 さまざまなマンガのジャンル2
 マンガ史年表

02マンガの道具
 ペンとインクの種類と使い方
 つけペンのトレーニング
 ホワイトの種類と使い方
 トーンの種類と使い方
 定規とテンプレート
 その他の道具

03人物を描く
 作画を上達させるための心得
 頭の描き方
 顔のパーツを描く”目”
 顔のパーツを描く”鼻”
 顔のパーツを描く”口”
 顔のパーツを描く”耳”
 髪の構造と質感の表現
 人物の顔を描き分ける
 "喜怒哀楽"を顔で表現する
 身体の構造と男女の描き分け
 筋肉の構造と重心の概念
 さまざまな手の動きを描く
 頭身の概念と年齢の描き分け
 躍動感あるアクションを描く
 衣服の描き方

04背景を描く
 パースを理解してリアルな背景を描く
 効果線を描く"集中線"
 効果線を描く"ベタフラッシュ"
 効果線を描く"流線(スピード線)"
 効果線を描く"グラデーション"
 描き文字とそのバリエーション
 背景テクニック”自然物"
 背景テクニック”室内"
 背景テクニック”エフェクト"

05原案・構想を練る
 原稿完成までの流れ
 キャラ表をつくる
 あらすじをつくる
 プロット完成までの道すじ
 ストーリーを練り込む
 ネームを描く
 実例から学ぶ演出テクニック

06原稿を書く
 原稿作成の手順とガイドラインの役割
 下描きの手順とコツ
 ペン入れの手順とコツ
 ベタ・ホワイトの手順とコツ
 トーンの手順とコツ
 仕上げとチェック

07デジタルで描く
 マンガにおけるデジタルの現状
 デジタル制作に必要な機材
 原稿をデジタルに取り込む・出力する
 作成したデータを保存・活用する
 Adobe Photoshopでマンガ原稿をつくる
 ComicStudioでマンガ原稿をつくる
 デジタルによるカラー原稿の作成

08マンガ業界のしくみ
 デビューまでのステップ
 編集者の仕事
 マンガが雑誌に掲載されるまで
 さまざまなメディアとマンガ
 マンガに関わる法律

09プロの世界
 プロの現場訪問

コラム
 マンガ制作に役立つ専門店と書籍
 デジタルでマンガを描くためのツール
 マンガのしくみ関連用語集
 投稿・持ち込みの心得
 主なマンガ誌の新人賞リスト
 索引

快描教室
激マン9 今すぐマンガが描ける本 応用編

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます