アニメで見た空と雲のある風景の描き方

 アニメーションの背景美術制作会社「Bamboo」による、デジタル・CGでの背景作画法を新人研修の手順で公開します。

アニメで見た空と雲のある風景の描き方デジタル作画法 アニメで見た空と雲のある風景の描き方

 『攻殻機動隊S.A.C. Solid State Society』『009 RE:CYBORG』『ソードアート・オンライン』『True Tears』等などの背景美術を担当したBamboo(バンブー)が、デジタル化したアニメ背景画の基礎を順を追って解説して行く。

 巻頭の背景ギャラリーは本書のきっかけになった『もしドラ』や『東のエデン』『ギルティクラウン』で、制作裏話付きです。次に導入の「制作環境と基礎知識」は、制作に使うソフト、パソコン周辺機器、解像度の説明、アナログ時代の道具、アニメ制作の流れなどサラッと解説。

 Chapter1「基本パーツの描き方」は、Bambooの新人研修で取り組む課題で、グラデーションの塗り、立方体はじめ基本パーツを描いて、光源を意識して、青い空に雲を描くまでになります。

 続いてChapter2「自然物の描き方」は、基本パーツから岩や木を描き、川や森林のある風景、青い海に積乱雲と、描くものを広げて行く。


 Chapter3「一日の時間による変化を描く」は、朝焼け→夕焼け→月光と空の変化を。Chapter4「四季の移り変わりを描く」は、桜→田んぼ→ススキ野→雪山と季節の空を。

 Chapter5「いろいろな種類の空を描く」では、機上から見下ろす雲海、雲間から差し込む光、満天に輝く天の川、オーロラとドラマチックな空を描きます。

 Chapter6「都市や街並みを描く」は少し空から離れて、木材・金属・コンクリート・ガラスなど材質の描き分け、そこから古民家、タワー展望台からの大都市遠景と広げる。

 Chapter7「アニメーションにおける背景の役割」では、『君に届け』『精霊の守り人』を例にして作品の世界観やら、キャラ絵と馴染ませる心情表現など、プロの仕事を魅せます。

デジタル作画法 アニメで見た空と雲のある風景の描き方(ナツメ社)
アニメーション美術Bamboo(竹田悠介)HOW TO 製作工程のご紹介。

 アニメ背景も、ここ10年をかけてアナログからデジタルに移行し、その指導方法も固まりつつある。制作会社ごとに違いがあるとしながらも、元ジブリの増山修の教え方をデジタルに変換した様な内容です。やはり基礎中の基礎は同じなのかなと。しかも、立方体を基本にするところは「グリッドで背景を描こう」とも共通している。

 ここのところ刊行が続く「背景本」では、良くまとまっていて大当たりです。そして新人研修の段階を踏むので初心者にも分りやすい。PhotoshopCS・Painterの基本操作がわかるなら、そのまま挑戦できる。空と雲の描き方に集中して進めているところも理解を早め達成感を得やすいと思いました。

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身01

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身02

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身03

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身04

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身05

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身06

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身07

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身08

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身09

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身10

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身11

アニメで見た空と雲のある風景の描き方中身12

ISBN-13: 9784816353765
▼目次(デジタル作画法 アニメで見た空と雲のある風景の描き方
はじめに:Bamboo代表 竹田悠介 p.2
GALLERY p.4
1.もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら p.4
2.東のエデン 東のエデン劇場版Ⅰ・Ⅱ p.6
3.ギルティクラウン p.10
もくじ p.14

Introduction 制作環境と基礎知識 p.17
デジタルで描くときの道具 p.18
画像サイズと解像度 p.19
COLUMN 01 手描きの道具 p.20
COLUMN 02 アニメーションに関わる人の役割 p.21
COLUMN 03 アニメーション制作の流れ p.22

Chapter1 基本パーツの描き方 p.23
グラデーションを描く p.24
立方体を描く p.26
球体を描く p.31
円柱を描く p.32
光源を移動させてみよう p.33
雲と空を描く p.34

Chapter2 自然物の描き方 p.39
岩を描く p.40
木を描く p.44
木や川のある風景を描く p.48
南国の青い海と積乱雲を描く p.52
COLUMN 04 光源で変わる色の見え方 p.58

Chapter3 一日の時間による変化を描く p.59
爽やかな朝焼け、横から差し込む朝日 p.60
ドラマチックな夕焼け、逆光と沈む夕日 p.64
夜の海、月明かりに照らされる雲、映り込む月光 p.68
COLUMN 05 雲の種類と名称 p.72

Chapter4 四季の移り変わりを描く p.73
土手に咲く桜と菜の花 p.74
夏雲と田んぼ p.78
秋雲とススキ p.82
冬の曇天と雪山 p.86
COLUMN 06 資料1 いろいろな青空 p.92

Chapter5 いろいろな種類の空を描く p.93
飛行機から見た雲海と、沸き立つ積乱雲 p.94
雲間から差し込む光、照らされる水田 p.98
夜空を縦断して輝く天の川 p.102
幻想的なオーロラのカーテン p.106
COLUMN 07 資料2 いろいろな夕焼け p.110

Chapter6 都市や街並みを描く p.111
質感を描き分ける p.112
古民家のある風景 p.114
横浜ランドマークタワーから見た景色 p.120

Chapter7 アニメーションにおける背景の役割 p.125
登場人物の心情に合わせて背景を描き分ける p.126
『君に届け』を例に
時間軸の変化に合わせて背景を描き分ける p.134
『精霊の守り人』を例に
奥付 p.144
Bamboo(バンブー):竹田悠介、益城貴昌、西野隆世、山内裕葉(新人)

学校では教えてくれない風景スケッチの法則
雲のカタログ 空がわかる全種分類図鑑
カラー&ライト リアリズムのための色彩と光の描き方

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
ゴーストさん 2013/05/23 23:46 編集
この本良さそう
名無しさん 2013/05/24 17:26 編集
見るだけでも楽しそうです
ゴーストさん 2013/05/24 18:43 編集
マンガの基礎デッサン セクシーキャラ編
のレビューをしていただけたら嬉しい!
さなだむし 2013/05/27 00:29
今しばらく、お待ちください。
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます