人物クロッキーの基本早描き10分・5分・2分・1分

 30年以上、人体を描き続けた画家3人によるクロッキー教室です。毎年クロッキー合宿を行っていて、先生としても教え慣れています。

人物クロッキーの基本早描き10分・5分・2分・1分人物クロッキーの基本 早描き10分・5分・2分・1分(amazon)

人物クロッキーの基本 早描き10分・5分・2分・1分 (honto)

 クロッキーはデッサンの1つの分野です。デッサンの工程は【1.観る→2.描く→3.比べる→4.直す】をぐるぐる繰り返すことによって上達します。

 5分以下のクロッキーでは【観る→描く】が中心です。見た瞬間に人体の特徴をとらえ、必要最小限の線で描けるように訓練します。


人物クロッキーの基本 早描き10分・5分・2分・1分(ホビージャパン)
人物クロッキーの基本 早描き10分・5分・2分・1分(otaku.com)

 第1章「さあ、クロッキーを始めましょう」では、とりあえずクロッキーの基本ということで、ヌード(立ち・座りポーズ)と着衣(キャミソール・ワンピースドレス)を描いてみましょう。鉛筆の持ち方から動かし方から~描く前に意識したい(観察する)3つのポイント(1.目の高さ 2.光の方向 3.組み立て)~そして捉え方として、軸(コントラポスト)と構造(箱描きで)で【観る】を説明します。

 2章「人体をとらえて描く13のポイント」では、さらに詳しく解説します。とらえる【観る】8つのポイント{1.軸でとらえる/2.ブロックで/明暗で(3.鉛筆の濃淡・4.影との稜線・5.多面体)/6.ムーブマンの流れ/7.すき間の形/8.三角形で納める}と、【描く】5つのポイント(1.アゴ関節の後ろ+耳の穴+首のつけ根/2.表情(顔と手)/3.軸足と腰の傾き/4.筋肉の伸び縮み/5.皮膚に現れる筋肉と骨)です。

 3章「三人三様のクロッキー制作現場より」は、3先生にそれぞれ10分・5分・2分・1分のクロッキーを実践してもらいます。まさに三人三様です。1分間クロッキーでも【観る→描く】ポイントの違いというか、個性が際立っています。

 4章「クロッキーで作品づくり」は、カラークロッキーという、最初から色を含めたクロッキー作品です。

 闇雲にクロッキー練習をしても上手くならないとなったら、それぞれの段階でコツが要ります。感覚的なことも含めて多くの説明書きが付いた、親切丁寧な技法書です。たとえば今まで難しかったムーブマンの流れを、矢印の補助線でアタリをつけることで理解が深まりました。

 上達の速度を上げるためにも、デッサンの早描きであるクロッキーを習慣づけたいところです。

人物クロッキーの基本早描き10分5分2分1分中身01

人物クロッキーの基本早描き10分5分2分1分中身02

人物クロッキーの基本早描き10分5分2分1分中身03

人物クロッキーの基本早描き10分5分2分1分中身04

人物クロッキーの基本早描き10分5分2分1分中身05

人物クロッキーの基本早描き10分5分2分1分中身06

人物クロッキーの基本早描き10分5分2分1分中身07

人物クロッキーの基本早描き10分5分2分1分中身08

人物クロッキーの基本早描き10分5分2分1分中身09

人物クロッキーの基本早描き10分5分2分1分中身10

人物クロッキーの基本早描き10分5分2分1分中身11

ISBN-13: 9784798611211
▼目次(人物クロッキーの基本 早描き10分・5分・2分・1分
デッサンは、コピーではない! デッサンするとき、画家の頭の中では…4つのことがぐるぐる繰り返されています p.2
もくじ p.4
はじめに p.6

第1章さあ、クロッキーを始めましょう ヌード・着衣を10分、5分、2分、1分で描く基本 p.7
広田稔:ひと言で表すと、クロッキーとは p.8
上田耕造:ズバリッ!クロッキーとは p.10
岡田高弘:端的に言うと、クロッキーとは p.12
描く前に意識したい3つのポイント p.14
描くときの鉛筆の持ち方や使い方 p.16
描くとき、紙から鉛筆を離さない p.18
顔の描き方 p.20
左向きの顔を描く p.20/右向きの顔を描く p.22
ヌードの描き方 p.24
立ちポーズを描く p.24/座りポーズを描く p.26
着衣の描き方1 キャミソールドレス姿を描く p.28
着衣の描き方2 ワンピースドレス姿を描く p.36
人体のとらえ方は「軸」と「構造」 p.42
まずは、大きな骨格と体重のかけ方、そしてねじれをとらえる p.43/次は、「小さな箱」と「大きな外箱」 p.44
後ろ姿も同様に、「軸」と「構造」 p.46
まずは、ナナメ前と同様に、大きな骨格と体重のかけ方、そしてねじれをとらえる p.47/後ろ姿も、「小さな箱」と「大きな外箱」 p.48
使用する画材道具 p.50

第2章人体をとらえて描く13のポイント 人体をとらえる8つのポイント+描くべき部位の5つのポイント p.51
人体をとらえる8つのポイント p.52
1.軸でとらえる p.52/2.塊(かたまり)をブロックでとらえる p.56/3.明暗でとらえる1…5つの調子 p.58/4.明暗でとらえる2…稜線を生かす p.60/5.明暗でとらえる3…多面体で考える p.62/6.ムーヴマンをとらえる…動きを大きな流れでつかむ p.64/7.すき間の形でとらえる…ネガとポジの切り替え p.67/8.三角形でとらえる…画面へ上手く納める p.68
描くべき部位の5つのポイント p.70
1.アゴ、首、耳の関係を見る p.70/2.顔と手の表情を観る p.71/3.腰と軸脚の関係を見る p.72/4.筋肉の形状を見る…筋肉が伸びる、筋肉に力が入る、筋肉がねじれる p.73/5.体表に現れる筋肉と骨格を見る p.74/1~5のまとめ 1枚のクロッキーに見る5つのポイント p.75
強調、省略して部位を描く p.76

第3章三人三様のクロッキー制作現場より p.77
広田稔が描くクロッキーの「技」 p.78
10分クロッキーとは p.78/5分クロッキーとは p.88
2分クロッキーとは p.92/1分クロッキーとは p.98
上田耕造が描くクロッキーの「術」 p.102
10分クロッキーとは p.102/5分クロッキーとは p.110
2分クロッキーとは p.114/1分クロッキーとは p.120
岡田高弘が描くクロッキーの「巧」 p.124
10分クロッキーとは p.124/5分クロッキーとは p.130
2分クロッキーとは p.134/1分クロッキーとは p.138
街角クロッキーのススメ p.142

第4章クロッキーで作品づくり p.143
カラークロッキーの基本 明るい部分に固有色、陰の部分は自由色 p.144
広田稔が描くカラークロッキー p.146
上田耕造が描くカラークロッキー p.148
岡田高弘が描くカラークロッキー p.150
カラークロッキーの画材道具 パステルの場合 p.152
ムービングクロッキーに挑戦 p.154
制作環境について p.158
カメラレンズの落とし穴と、写真資料を使って描くときの注意点 p.160
作家紹介 p.162
広田稔 p.162/上田耕造 p.164/岡田高弘 p.166
奥付 p.168

絵はすぐに上手くならない
人体のデッサン技法
画力デッサン 人体と女の子
人物デッサンの基本

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
なぶらさん 2016/03/29 17:30 編集
いつも有難うございます。
この本はこちらのレビューで良いなと思いリンクから買わせていただきました。
ついでにいまサイドバーの紹介で知った「瞬撮アクションポーズ01 女子高生アクション編 」もリンクから買わせていただきます。
このモデルの宮原華音は顔も可愛いしスタイルもいいモデルさんでありながら空手の大会でも実績の有る人で、映画も出てたはずですが大ファンです。
こういう本にこれほどレベルの高い人が使われるのは嬉しいです。
せっかくだからアップの画像も少し欲しいですが入ってるかな。

長々書いてしまいましたがいつも拝見してます。とても助かっています。
何かいていいかわからず滅多にコメントしないですがこれからも是非宜しくお願いします。応援しております。
さなだむし 2016/04/06 16:36
こちらこそ、毎度ありがとうございます。

そうか、水着のポーズ集で発売前にアマゾン2桁(売れ筋ランキング100位以内)に入るとは何事?と思っていましたが、アクション演技もできるモデルさんの人気でしたか

記憶が正しければ2桁入りは「ハイパーアングルポーズ集」以来です。ヌードポーズで、CD-ROM付きで、ジャンプ作家の推薦もあっての快挙でした。以降、シリーズ化にもなったのですが
「瞬撮アクションポーズ01」は最初からシリーズのようで、モデルさんは変わるのかな?

あとは順調にカスタマーレビューが付いて、AV女優に頼らない新しいポーズ集として育って欲しいです。

遅ればせながら、コメントありがとうございました。
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます