千と千尋の神隠し 絵コンテ

 スタジオ『ジブリ』の名を世界ブランドに決定づける作品。ストーリーは非日常の異世界に行って、主人公が成長して、帰ってくるというハリウッド形式とでもいうセオリーを踏襲する。

千と千尋の神隠しジブリ絵コンテ全集13千と千尋の神隠し スタジオジブリ絵コンテ全集13

 『もののけ姫』まではストーリーをあれこれ組み替えていたように思う。しかし『千と千尋の神隠し』では超越したというか、動かしたい映像が徹底して先行する方式のようだ。結果、エコだの自然保護だの自分探しだののテーマ性は打ち出さず、説明すべきことも説明せず、「何だこりゃ!」という様な映像が連なる。観客ひとりひとりが後で考え、勝手に解釈してね、という上手い効果に仕上がっています。


 絵コンテを読むと『もののけ姫』で懐疑的に導入され、好感触を得たCGが、前向きに多用されている。実際、「油屋」の豪華な映像美に貢献しているのですが、最新「ポニョ」では否定される。そこは絵コンテ等の資料を研究するのも良いかも知れない。

 あと唯一の女性キャラ、イモリの黒焼きが大好き「リン」は(宮崎のスケッチによると)キツネらしい。にしても「イモリの黒焼き」が「密輸時代のバイアグラよりも価値があるらしい」って、やっぱ油屋はそういう設定なのか。

千と千尋の神隠し(Wikipedia)

千と千尋の神隠し絵コンテ中身01
 
千と千尋の神隠し絵コンテ中身02
 
千と千尋の神隠し絵コンテ中身03
 
千と千尋の神隠し絵コンテ中身04
 
千と千尋の神隠し絵コンテ中身05
 
千と千尋の神隠し絵コンテ中身06
 
千と千尋の神隠し絵コンテ中身07
 
千と千尋の神隠し絵コンテ中身08

ISBN-13: 9784198614393
▼目次(千と千尋の神隠し ジブリ絵コンテ全集13
もくじ p.2
絵コンテの見方 p.4
用語解説 p.5

Aパート(カット1~253) p.7
Bパート(カット254~568) p.117
Cパート(カット569~878) p.259
Dパート(カット879~1175) p.403
Eパート(カット1176~1379+エンディングクレジットバック1~14) p.549

資料編 p.629
絵コンテと本編の違い(欠番一覧) p.630
STAFF&CAST p.631
DATA p.634
アニメーション画面処理について p.635
奥付 p.650

付録:月報2001年10月(冊子12ページ)
宮崎監督からもらった大きな宿題 宮部みゆき p.2-4 /作品論「千と千尋の神隠し」 おかだえみこ p.5-12

スタジオジブリ 絵コンテ全集
ジブリTHE ARTシリーズ(背景画集)
時をかける少女 絵コンテ 細田守

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます