華胥の幽夢 十二国記

華胥の幽夢 十二国記華胥の幽夢(ゆめ) 十二国記

十二国記シリーズの短編集。

▼目次
◇冬栄:戴国、泰王驍宗の命で漣国を訪ねた泰麟。かつて呉剛環蛇を持つ廉麟によって蓬莱(日本)から助け出されたお礼を兼ねての訪問。これまたクセのある廉王の登場。「黄昏の岸 暁の天」に続くホッとできるエピソード。

◇乗月:もと芳国公主 祥瓊(しょうけい)の懺悔の手紙を芳国 月渓のもとに届ける話。峯王仲韃を弑逆した罪に悩む月渓が「人は変わることができるのだ」と悟るエピソード。TVアニメ第40話

◇書簡:登極したばかりの慶国、景王陽子が雁国の大学で学ぶ楽俊と近況などの便りをかわすエピソード。TVアニメ第22話

◇華胥:才国、采王砥尚が求める理想の国。その理想を夢に見ることができる宝物「華胥華朶(かしょかだ)の枝」謎の殺人事件も起きてちょっと探偵物の雰囲気があります。アニメに出てきた采王は砥尚の次の王。

◇帰山:前半は柳国で奏国の利広と雁国の風漢がオヤジ漫才をします。600歳+と500歳+の会話はファンタジーならでは。後半は奏国、宗王御一家の家族コント。十二国最長の大王朝は家族の危機が国家の危機に直結する面白さ、一番好きなエピソードです。


十二国記(公式サイト)
十二国記 Wikipedia:ちょっと複雑な十二国記シリーズの基礎知識として。

▼小説「十二国記」シリーズ 小野不由美/著
 アニメ化された巻
 月の影 影の海〈上〉 十二国記
 月の影 影の海〈下〉 十二国記
 風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記
 風の海 迷宮の岸(下) 十二国記
 東の海神 西の滄海 十二国記
 風の万里 黎明の空〈上〉十二国記
 風の万里 黎明の空(下) 十二国記

 アニメの続き
 図南の翼 十二国記
 黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉 十二国記
 黄昏の岸 暁の天(そら)〈下〉 十二国記
 華胥の幽夢(ゆめ) 十二国記

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
カズナリさん URL 2007/06/04 20:47 編集
>一番好きなエピソードです。
ボクと握手!
いつも「図南の翼」を読み返すときは「帰山」もセットで読みます。
さなだむし 2007/06/06 12:34
「おお~心の友よ」つか
>いつも「図南の翼」を読み返すときは
って何回読んでいるんですか?そんなに12歳がいいんかい!
カズナリさん URL 2007/06/07 20:23 編集
他のエピソードは上下巻構成だし、特に上巻は読んでて気持ちよくない話が多いですしねー(汗
必然的に胸がすく「図南の翼」を読み返すのですよ(笑)
さなだむし 2007/06/08 14:26
確かに上下巻構成なうえ溜めが長い・・・「黄昏の~」なんか溜めで終わってないか?あれ?でもカズナリさんは焦らされるの好きなんじゃないの?
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます