写真集 最終工場

 「廃墟萌え」という言葉が一般化しているのか、かなりの廃墟本が専門誌なども含め発行されている。その中で「廃墟」をテーマに撮り続けている写真家「小林 伸一郎」の廃墟シリーズ写真集です。

写真集「最終工場」最終工場 (JAPAN DEATHTOPIA SERIES)

 日本各地に残る廃工場や廃鉱を綴った写真集で、ARIAの「天野こずえ」が作画資料にしているのでは?という噂で興味を持ちました。確かにそれらしいイメージの湧く写真が見られます。でも、インスピレーションでいったら銃夢(p161)やエヴァ(p051)のもあるんで、なかなか奥が深いです。

 作画は新品の建物を描くより、経年劣化した(廃墟になった)建物を描く方が難しい。よほど経験を積んだ人でないと想像では描けない。描いたつもりでいても、観る人が視れば不自然さが判る。情報量の多い大ゴマやカラーイラストになれば何か資料があった方が好いでしょう。

廃墟日本列島(Web現代)


最終工場中身01
 
最終工場中身02
 
最終工場中身03
 
最終工場中身04
 
最終工場中身05
 
最終工場中身06
 
最終工場中身07
 
最終工場中身08
▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます