世界歴代王朝・王名ハンドブック

 古代エジプトから現代にいたるまでの王国と、その歴代の君主の名前を一覧にした王名辞典です。

世界歴代王朝・王名ハンドブック世界歴代王朝・王名ハンドブック(amazon)

世界歴代王朝・王名ハンドブック (honto)

 世界各地の主な王朝を約900あげて、その統治者6400人余りを掲載しています。第1~4章までは古代世界の(およそ中世以前に滅亡した)諸王国です。第5~9章は地域ごとになり、ヨーロッパ、イスラム、インド、アジア、アフリカの5つ、10章はインカ・アステカなどの新世界となります。

 データは、王国名・王朝名・王名(統治者名)-在位期間(統治期間)-世襲の血縁関係(息子・弟・甥・孫など)、あとあれば称号・尊称・あだ名(雷帝・肥満王・高慢公など)。そのほか、丁寧な注釈(読み方や細かい修正個所など)が必要な分だけ添えられています。


 「まえがき」にあるように、全世界の古今東西にわたる王朝をくまなく網羅するのは無理な話です。そこでヨーロッパ諸国と、そのルーツになった古代世界(アッシリア・バビロニア・ギリシア・ローマ等)を詳細にした、欧米視点のハンドブックになっています。

 学術的な資料としての正確さを追求したあまり、お値段高めですが、ファンタジー系のネーミング辞典としても使えます。地域差は文化圏・言語の違い、似たような王族の名は名付けの規則性として参考になるでしょう。

 ヨーロッパ諸国の公国・侯国・伯国や複雑に入り組んだ〇〇家の充実ぶりの一方、詳細さに欠けている地域もあります。中国では三国志(魏呉蜀)があって、戦国七雄は記述がなかったり、ハワイ王国はあるけど琉球王国はなかったりします。

 さすがに日本は充実していて、歴代天皇のほか幕府の鎌倉将軍家・北条執権家・足利将軍家・徳川将軍家とあります。

 カズナ帝国に、アルスラーンとマフムードという名の王がいて、やっぱりそうなんだとニタニタしました。またインカ帝国では、別の意味で・・・

世界歴代王朝・王名ハンドブック中身01

世界歴代王朝・王名ハンドブック中身02

世界歴代王朝・王名ハンドブック中身03

世界歴代王朝・王名ハンドブック中身04

世界歴代王朝・王名ハンドブック中身05

世界歴代王朝・王名ハンドブック中身06

世界歴代王朝・王名ハンドブック中身07

世界歴代王朝・王名ハンドブック中身08

ISBN-13: 9784864980135
▼目次(世界歴代王朝・王名ハンドブック
まえがき p.3
謝辞 ジョン・E・モービー 2007/8 p.6
もくじ p.7-13
凡例 p.14

第1章古代オリエント p.15
古代エジプト p.17
古代メソポタミア p.27
アッシリア p.30
バビロニア p.34
ヒッタイト王国 p.39
ヘブライ諸王国 p.41
ティルス王国 p.43
ウラルトゥ王国 p.45
メディア王国 p.46
リュディア王国 p.47
ペルシア帝国 p.48

第2章古代ギリシア世界 p.49
スパルタ連合王国 p.51
マケドニア王国 p.54
シュラクサイ王国 p.56
プトレマイオス王国 p.58
セレウコス王国 p.60
ビテュニア王国とポントス王国 p.62
ペルガモン:アッタロス王家 p.64
カッパドキア王国 p.65
ハスモン王国 p.66
パルティア帝国 p.67
大アルメニア王国 p.69

第3章ローマとビザンティン世界 p.71
ローマ帝国 p.73
ヌミディア王国 p.78
コンマゲネ王国 p.79
ヘロデ諸王国 p.80
ペルシア:ササン朝 p.81
東ローマ帝国 p.83
アルメニア王国 p.87
テッサロニカ帝国 p.89
トレビゾンド帝国 p.90

第4章ゲルマン民族大移動の世界 p.91
西ゴート王国 p.93
ブルグント王国 p.95
スエヴィ王国 p.96
ヴァンダル王国 p.97
フランク王国 p.98
東ゴート王国 p.100
ランゴバルト王国 p.101
アングロ=サクソン諸王国 p.102

第5章ヨーロッパ p.107
1.イギリス諸島 p.109
イングランド王国 p.109
スコットランド王国 p.113
ウェールズ公国 p.116
アイルランド上王(ハイ・キング)国 p.118
2.フランス p.121
フランス王国 p.121
アンジュー伯・公国 p.125
アキテーヌ公国 p.127
ブルボン公国 p.128
ブルターニュ公国 p.129
シャンパーニュ(トロワ)伯国 p.131
ノルマンディ公国 p.132
プロヴァンス伯国 p.133
トゥールーズ伯国 p.134
モナコ公国 p.135
3.ネーデルラント(低地帯)諸国 p.136
フランドル伯国 p.136
ナミュール侯国 p.138
ホラント伯国 p.140
ルクセンブルク伯・公国 p.142
バス=ロレーヌ〔ニーダー・ロートリンゲン〕公国 p.144
ローズ〔ローン〕伯国 p.145
ヘルデルラント公国 p.146
エノー伯国p.147
リンブルフ公国 p.148
ブラーバント公国 p.149
アルトワ伯国 p.150
ブルゴーニュ公国とネーデルラント諸邦 p.151
ブルゴーニュ伯国(フランシュ=コンテ) p.153
近代ネーデルラント〔オランダ〕 p.155
ベルギー王国 p.156
ルクセンブルク大公国 p.156
4.イタリア p.157
ベネヴエントのランゴバルド大公国 p.157
中世イタリア王国 p.160
ヴェネツィア:元首(ドージェ)領 p.161
モンフェルラート侯国 p.165
ナポリ・シチリア王国 p.167
フェルラーラとモデナのエステ家 p.170
ウルビーノのモンテフェルトロ家とデッラ・ロヴェーレ家 p.172
ミラノのヴィスコンティ家とスフォルツァ家 p.173
パドヴァのカルララ家 p.174
マントヴァのゴンザーガ家 p.175
フィレンツェのメディチ家と継承者たち p.176
パルマのファルネーゼ家とブルボン家 p.178
ルッカ公国 p.179
サヴォイア家 p.180
5.イベリア半島 p.182
レオン王国とカスティリア王国 p.182
ナバラ(パンプローナ)王国 p.185
アンプリアス〔エンポリオン〕伯国 p.187
バルセローナ伯国 p.188
ベサル伯国とセルダニア伯国 p.188
ウルヘル伯国 p.189
カスティリア伯国 p.190
ロセーリョ〔ルシヨン〕伯国 p.190
ソブラルべ王国 p.191
アラゴン王国 p.192
ガリシア王国 p.193
マヨルカ王国 p.193
スペイン王国 p.194
ポルトガル王国 p.196
6.ゲルマン語諸国 p.198
神聖ローマ帝国 p.198
オーストリア帝国 p.202
東フランク王国 p.203
ザクセン公国 p.204
ユーラ・ブルグント王国 p.205
バイエルン公国 p.206
シュヴァーベン公国 p.209
ロートリンゲン〔ロレーヌ〕公国 p.211
ケルンテン公国 p.213
オーストリア侯・公国 p.215
アスカニア家 p.218
ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家 p.220
ヘッセン家 p.224
ホーエンツォレルン家 p.227
メクレンブルク家 p.229
オルデンブルク大公家 p.231
ヴェッティン家 p.232
バイエルンのヴィッテルスバハ家 p.235
プファルツ〔ファルツ〕選帝侯家のヴィッテルスバハ家 p.238
ヴュルテンベルク家 p.239
ツェーリング家 p.241
リヒテンシュタイン家 p.243
ナッサウ公国 p.244
ベルク大公国 p.245
フランクフルト大公国 p.245
ビュルツブルク大公国 p.246
ヴェストファーレン王国 p.246
7.スカンジナヴィア p.247
ノルウェー王国 p.247
デンマーク王国 p.249
スウェーデン王国 p.252
ポンメルン公国 p.255
8.東ヨーロッパ p.257
中世ブルガリア p.257
クロアティア王国 p.260
ボヘミア〔ベーメン〕王国 p.261
ポーランド王国 p.264
ハンガリー王国 p.267
中世セルビア p.270
ボスニア王国 p.271
リトアニア大公国 p.272
トランシルヴァニア公国 p.273
クールラント公国 p.275
モンテネグロ王国 p.276
近代セルビアとユーゴスラヴィア p.277
近代ギリシア p.278
ルーマニア王国 p.279
近代ブルガリア p.280
アルバニア王国 p.280
9.ロシア p.281
キエフ大公国 p.281
ウラジーミル大公国 p.283
ロシア・ツァー帝国 p.284
10.十字軍による諸国 p.287
エデッサ伯国 p.287
アンティオキア公国 p.287
イェルサレム王国 p.289
トリポリ伯国 p.291
キュプロス王国 p.292
コンスタンティノープル帝国 p.293
キリキアのアルメニア王国 p.294

第6章イスラム諸王朝(インドを除く) p.297
カリフ王朝 p.299
コルドバのカリフ王朝 p.303
マラガのカリフ王朝 p.305
セビリア王国 p.306
グラナダ王国 p.307
ムラービト〔アルモラビデ〕帝国 p.309
ムワッヒド〔アルモアデ〕帝国 p.310
マリーン王国 p.311
ワッタース王国 p.312
サーディー王国 p.313
アラウィー(フィラール)王朝 p.314
マリ帝国 p.316
ソンガイ帝国 p.317
ソコト・カリフ王朝 p.318
アグラブ王国 p.319
ハフス王国 p.320
チュニジア首長(ベイ)国 p.322
リビア王国 p.323
イスラム・エジプト p.324
ザンギー王国 p.328
オスマン帝国 p.329
ハーシム王朝 p.331
イエメン王国 p.332
サウーディ―王朝 p.334
オーマン・スルタン国 p.335
クウェート首長国 p.336
アブ・ダビ首長国 p.337
バハレーン首長国 p.338
ドバイ首長国 p.339
ハーイル首長国 p.340
カタル首長国 p.341
サーマーン王国 p.342
ガズナ帝国 p.343
セルジューク王朝 p.344
ゴール帝国 p.346
ホラズム〔フワーリズム〕帝国 p.347
チャガタイ=ハーン(汗)国 p.348
キプチャク=ハーン(金帳汗)国 p.350
ペルシアのイル=ハーン(汗)国 p.352
ティムール帝国 p.353
近代ペルシア(イラン) p.354
アフガニスタン王国 p.356
ブルネイ・スルタン国 p.357
ザンジバル・スルタン国 p.358

第7章インド p.359
マウリア帝国 p.361
グプタ帝国 p.362
ハルシャ帝国 p.363
デカンの諸王朝 p.364
チョーラ帝国 p.366
ホイサラ王国 p.367
デリー・スルタン国 p.368
ヴィジャヤナガル帝国 p.370
カシュミール王国 p.372
デカンのバフマニー王国 p.374
グジャラート王国 p.375
ハーンデッシュ王国 p.376
ジャウンプル王国 p.377
ベラール王国とビーダル王国 p.378
アフマドナガル王国 p.379
ビジャープル王国 p.380
ゴルコンダ王国 p.380
ムガル帝国 p.381
マラーター王国 p.383
ハイダラーバード王国 p.384
シッキム王国 p.385
ネパール王国 p.386
ブータン王国 p.387

第8章アジア(イスラムとインドを除く) p.389
中国 p.391
日本 p.402
朝鮮の王国 p.409
ビルマ王国 p.412
タイ王国 p.414
ラオス王国 p.415
クメール王国 p.416
近代カンボディア p.418
近代ヴェトナム p.419
ジャワ諸王国 p.420

第9章アフリカ p.423
エティオピア帝国 p.425
コンゴ王国 p.427
アシャンティ(アサンテ)王国 p.428
マダガスカル王国 p.429
ズールー王国 p.430
スワジランド王国 p.431
レソト王国 p.432
中央アフリカ帝国 p.433

第10章新世界 p.435
インカ帝国 p.437
アステカ帝国 p.438
ハイチ p.439
メキシコとブラジル p.440
ハワイ王国 p.440
トンガ王国 p.441

訳者・あとがき:堀田郷弘(ほったさとひろ) 2013/11 p.443
翻訳のための主な参考文献 p.446
索引 p.447-462
英文索引(INDEX) p.463-476
奥付 p.478

帝王列記 西洋編
図解よくわかる英雄と魔物
ラルース世界の神々・神話百科

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます