水彩画プロの裏ワザ

 手軽な透明水彩による風景スケッチのテクニック集。数ある水彩画入門書の中で作例が一番きれいでした。無駄な線やクセが少なく、色をのせると写実的という万人に好まれる水彩画でしょう。

水彩画プロの裏ワザ水彩画プロの裏ワザ

 入門編ということで最初から順を追って教えてくれます。基本テクニック、素材別テクニック、鉛筆デッサンと一つ一つ丁寧に解説してくれて分かり易いです。グリザイユ画法をマスターするのが目標になります。

 当然ながらプロが楽々こなしている技法でも、そっくり同じようにはならない、練習が要ります。ただ、絵を観ても「どうやって描いているの?さっぱりわからない」ということはなくなるので、知っているのと知らないのとでは絵の見方・描き方とも違ってくる。

水彩画プロの裏ワザ中身01
 
水彩画プロの裏ワザ中身02
 
水彩画プロの裏ワザ中身03
 
水彩画プロの裏ワザ中身04
 
水彩画プロの裏ワザ中身05
 
水彩画プロの裏ワザ中身06
 
水彩画プロの裏ワザ中身07
 
水彩画プロの裏ワザ中身08

▼目次(水彩画プロの裏ワザ
まえがき p.2
もくじ p.4

PART1水彩風景画のプロセス p.6
広がりのある風景の描き方 p.6
絵手紙の描き方 p.14
部分着彩の技法 p.15

PART2作品に見るテクニック p.16

PART3素材別テクニック p.22
空を描く p.22
樹木を描く p.26
建物を描く p.38
街角を描く p.44
山を描く p.48
川や海を描く p.54

PART4基本テクニック p.62
混色を使いこなす p.62
にじみを生かす p.66
ぼかしの効果 p.68
グラデーション画法 p.70
グリザイユ画法 p.72
パステルやガッシュを併用する p.78

PART5鉛筆デッサンのテクニック p.80
基準線から細部の描き込みまで p.80
風景に動きを与える人物 p.90
風景を生かす点景たち p.92

PART6画材はこれで十分 p.94

あとがき p.98
奥付 p.100

世界の路地裏100 街(路地裏)の写真集
男鹿和雄画集II(2)
風の谷のナウシカ 水彩画集

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます