タブレットモードの設定

 intuos系にはタブレットモードの設定があり、標準モードと文字認識があります。出し方は「ワコムタブレットのプロパティ」の赤丸のところをダブルクリックすれば表示されます。詳しくは電子マニュアルのみにあり、付録部分の71ページです。

タブレットモードの設定

 計測した人によると、標準モードで50ポイント/秒前後、文字認識で100ポイント/秒以上の読取速度になる設定のようです。手書きの筆跡や線画には文字認識モードにしましょう。ただデフォルトで標準モードがあるのは、マシンスペック不足やソフトの対応によるトラブルがあるためのリミッターなのかと思います。ちなみにカタログスペックの最高200ポイント/秒は文字認識モードで、マッピングの座標検出モードを「マウス」にしての数値のようです。

 文字認識モードにしたら書き味がシビアになりました。コミックスタジオで補正機能なしで描くと、微妙な手ブレの振動も伝わりへろへろな線になります。このあたりはアナログのペンと同じで練習が必要なのでしょう。マスターできればかなりの線画コントロールになりますが、ソフトの補正機能を使いまくっても描き方の違いで済む話かとも思います。でも、標準モードならFAVOと同じだ。

Intuos3の違い
Intuos3オプション消耗品一覧
ラバーグリップ交換

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます