コミックスタジオ3.0の違い

※ComicStudio 4.0 Windows版が2007/09/28に発売されました。
 ∟コミックスタジオ4.0の違い

 コミックスタジオとはパソコンで漫画を描くためのソフトです。コミックスタジオは、これ1本でネームから仕上げ、印刷出力までできるオールインワン漫画制作ソフトです。現在、Ver.3.0で種類は3タイプあります。
ComicStudio Ver.3.0 製品情報(セルシス)


ComicStudio EX 3.0
 コミックスタジオの最上位モデル。漫画制作においても最高性能のソフトになります。Pro版との大きな違いは描画補助ツールが豊富にあることです。写真や3Dモデルから線画や背景がおこせる「2DLT・3DLTレンダリング機能」。一連の流れ作業を登録してワンクリックで処理できる「アクション機能」など、ラクする機能がいっぱいです。
ComicStudioEX Ver.3.0 Windows版


ComicStudio Pro 3.0
 Pro版は名前どおりプロ用モデル。アナログでしっかり漫画が描けるのなら、EXにあるような描画補助機能はいりません、むしろ使わない方がよいでしょう。しかしコミスタの特徴であるベクターレイヤー機能など、ペンツールはサポートしているので、Pro版がコミックスタジオのスタンダードモデルかと思います。
ComicStudioPro Ver.3.0 Windows版
ComicStudioPro Ver.3.0 ASCIIガイドブックモデル Windows版
:初心者にやさしいコミックスタジオ3.0公式ガイドが付いているモデル


ComicStudio Debut 3.0
 漫画制作の初心者向けモデル。「これ1本で漫画が描ける」という基本性能はおさえています。しかし機能はかなり削られているので、デビューではコミックワークスと変わりありません。でもペン入れまでアナログで、その後スキャンして仕上げまでという使い方ならよいかも知れません。トーンやペンタブレットが付いたセットモデルが充実しています。
ComicStudioDebut Ver.3.0 Windows版
ComicStudioDebut Ver.3.0 サークルモデル Windows版
:限定特典CD-ROM「木下さくら特選トーン素材集」付き
ComicStudioDebut Ver.3.0 ASCIIガイドブックモデル Windows版:初心者にやさしいコミックスタジオ3.0公式ガイドが付属するモデル

 オススメはEXモデルですが値段がお高いです。しかし後でバージョンアップすると後悔します。価格差と、EXモデルにだけある機能は本当にいらないのか?よく検討しましょう。
コミックスタジオ体験版:ComicStudioEX3.0(Win/Mac)の保存機能に制限をかけただけのフル体験版です。

 Windows版から8ヶ月ほど遅れて発売されたコミスタ3のMac版。Win版より安値で推移しているのが羨ましい。
ComicStudio EX 3.0 for MacOS X
ComicStudio Pro 3.0 for MacOS X
ComicStudio Debut 3.0 for MacOS X

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます