DRAWING THE LIVING FIGURE

DRAWING THE LIVING FIGUREDrawing the Living Figure

 洋書でありながらデッサン参考書として評価が高いので買ってみた。やさしい美術解剖図のJ.シェパード著ですが、洋書なので文字情報はほとんどわからない。ほぼA4サイズの本で表紙カバーはありません。価格は為替によって上下して以前は円高で1200円以下のときもありました。1400円になると割安感は薄くなります。

 中身は老若男女、人種もバラバラな60体の人物デッサンが載っています。ポーズ集というより「表面解剖学」という皮膚の質感を解説する為のもので、皮膚の下の骨や筋肉の図とセットになっています。筋肉の盛り上がりや関節部のくびれなどの皮膚の表現には大変参考になるでしょうが、キャラの決めポーズやこの絵からマンガデッサンを起こすのはキビシイかも知れません。

 やさしい美術解剖図を読んで、それを実践するための参考書という位置付けが好いのではないでしょうか。

DRAWING THE LIVING FIGURE中身01
 
DRAWING THE LIVING FIGURE中身02
 
DRAWING THE LIVING FIGURE中身03
 
DRAWING THE LIVING FIGURE中身04
 
DRAWING THE LIVING FIGURE中身05
▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
カズナリさん URL 2007/05/30 21:08 編集
おぉ、左ページのアルファベットによるポイント表記がいいですねー。
そこを押さえておけば、絵がワンランクUPすること間違い無しや。
 
……一番下のアフロのおっさんカッコエエ(笑)

>価格
おのれ円安め!!
さなだむし 2007/06/01 13:13
ポイントにある記号は皮膚に現れる変化ということでしょうか。結構知らないものです。

透視図みていて、想像していたより足の付け根の骨の位置が違っていて参考になりました。

アフロに興味をいだくカズナリさんがステキ。
くろおびさん URL 2007/06/05 17:04 編集
アフロのおっさんに親近感を覚えるのは私だけでしょうか・・・
さなだむし 2007/06/06 12:29
フルチンなところも親近感を覚えるのではないでしょうか・・・
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます