グラフギア1000シャープ ぺんてる

 シャーペンなんてものは手に馴染んだものを使えばよい。シャーペンの良し悪しは手の大きさ・形、筆圧、握り方など、主観的な好みの問題です。が、それとは別にスペックと値段を比較して、別次元の良さを持っているシャーペンがあります。それが「グラフギア1000」です。

 定価1,050円のシャーペンで、適度な重みのアルミボディは数ランク上の高級感があります。シャーペン破損の原因のペン先、先端部分をボールペンのようにノック式で収納できるのも素晴らしい。握りも金属加工とゴムグリップを巧みに配置して、硬さもなくかつ滑りもなく絶妙な握り心地に仕上がってます。店頭で見かけたら握って試して見てください。

Pentel カテゴリ検索(ぺんてる)

GRAPHGEAR1000:0.3
グラフギア1000 0.3

グラフギア1000シャープ0.3mm(ぺんてる)

GRAPHGEAR1000:0.4
グラフギア1000 0.4

グラフギア1000シャープ0.4mm(ぺんてる)

GRAPHGEAR1000:0.5
グラフギア1000 0.5

グラフギア1000シャープ0.5mm(ぺんてる)

GRAPHGEAR1000:0.7
グラフギア1000 0.7

グラフギア1000シャープ0.7mm(ぺんてる)

GRAPHGEAR1000:0.9
グラフギア1000 0.9

グラフギア1000シャープ0.9mm(ぺんてる)

 ちなみに以下のように何本も似たようなシャーペンを持っていますが、オススメはグラフギア1000です。グラフギア500でも、グラフ1000でもありません、お間違えのないように。

シャーペン各種

 持っているのは0.5mmと0.3mm。0.5だけでいいと思ったけど、線がきれいになる0.3も買ってしまった(ほんとは錯覚です)。今更ながら0.3mm芯が0.5mm芯の倍の値段なことに、ちょっと納得いかなかったけどね。

グラフギア1000

寿命17年、チラツキなしのおすすめトレース台
ブックスタンドEDH-004

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
某さん 2009/02/21 18:47 編集
ペン先収納機構がお気に入りで一時期愛用していましたが、次第に全金属製だって事がイヤになって使用止めました。

このグラフギア1000のペン先収納機構だけ流用した、本体軸はグラフ1000フォープロみたいなプラ製の、そんなシャーペンをぺんてるさん発売してくんないかなと思っています。
さなだむし 2009/02/22 07:37
>某さん
はじめまして

たしかに金属製だから重いという意見もあるから、グリップをオプションで選べるとかいいですね。コルクとか木製素材だと握りやすそうでいいな。
某さん 2009/02/22 17:29 編集
レスどうもです。
このグラフギアの金属ローレットより、このペンの前身商品グラフ1000フォープロの様な、あんな感じのグリップの方が気に入ってるんですよね。

あとやっぱ軽量化には本体軸がプラ製じゃないと。このグラフ1000や三菱鉛筆のSHIFTみたいに、本体軸がプラ製の軽量バージョンを望んでいるのですが。
さなだむし 2009/02/23 03:31
人によって重さも好みが分かれますね。
それこそ数グラム単位でバリエーションが要るのかも知れない。

僕はこの重さがベストなので、あとはグリップの種類があって替えられるとうれしいかな。
あじまりかむさん 2012/03/04 23:08 編集
毎日仕事に使っています。今まで使ったシャーペンの中では一押しです。
中学生になる娘にも勧めたところ、すごく書きやすいと他の友だちにも紹介しているようです。
私や娘は0.4mmのものを使っています。これだと芯の値段も0.5mmと同じですし、0.5で感じる片減りによるストレスもなく、また0.3で感じる折れやすさによる力のコントロールのわずらわしさもありません。是非お試しあれ!
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます