Intuos3とintuos4の違い

 『Intuos3 PTZ-630』から『intuos4 PTK-840』に買い換えましたので比較してみる。

 レビューでも書きましたが、一番の違いは『書き味(描き味)』だと思います。極めて軽いタッチで描ける。ON荷重10gだったのが最小1gにまで高められたことは、絵を描くのに大きな違いです。しばらく使ってみて、intuos4を基準にすると、intuos3はシートに対してグイグイ押しつけて描いていたことに気づきました。筆圧の弱い人にとっては本来の軽いタッチで描け、肩こりなど疲れにくくなるでしょう。慣れ方としては、力を抜いて軽く「ちょんちょん」と描く感じを意識すると良いかと思います。

 ただ、描き味は個人の主観によるところがあるので、intuos4の描き味に『違和感』を覚える人もいる。おそらくintuos3の描き方に適応して、自在に操れ、思い通りの絵が描ける人ほど、intuos4の過敏な描き味を不満に思うかもしれません。それでもintuos4がintuos3にスペック上、劣るところはないのです。結局、サイズを大きくする・壊れて買い換えるなどの理由があれば、唯一の選択肢になる。

Intuos4>機能・特長(Wacom)
ワコムのプロ用ペンタブレット「Intuos4」開発者が語る誕生秘話とは(マイコミジャーナル)

intuos4とintuos3のペン先
 
intuos4とintuos3のグリップペン

 Intuos4グリップペンは少し短くなった。ラバーグリップの質感が良くなったので、かなりいい感じです。ペンスタンドは替え芯を格納できるので便利になった。でもペンスタンドはintuos3の方が高そう。

 替え芯は(写真左下)上からintuos4標準芯/ハードフェルト心/エラストマー芯/ストローク芯 intuos3ストローク芯/フェルト芯/標準芯です。長さ太さとも同じで流用は可能。ストローク芯はまったく同じにみえるけど、他は耐久性とかで違いがあるようだ。フェルト芯は書き味も違う。

intuos4とintuos3のグリップペン・ペンスタンド
 
intuos4とintuos3の替え芯

 カタログではintuos4グリップペンは約18gとある。「約」なので誤差ということで。いずれにしろintuos3とintuos4のグリップペンの重さの違いは感じません。太径ラバーグリップは持ち味が好く、しばらく使っていましたが、長時間使い続けると親指の付け根が筋肉痛になった。重いからか?太いからか?は判りませんが、手が小さいと長時間の使用は向いてないというか、慣れがいる。やっぱ、穴なしラバーグリップがいいな。
↓intuos3グリップペン/intuos4グリップペン・太径ラバーグリップ装着

intuos4とintuos3のペン重さ

 並べると、ホントに真っ黒くろすけ~ですね。foo-bar-bazさんの指摘によると、キャリブレーションしたモニタへの映り込みが問題になるので、色や光を反射させない為に黒なのでは、ということで納得した。有機ELディスプレイの光が妙に控えめなのも、とことんプロ仕様なのです。

intuos4PTK-840とintuos3PTZ-630の大きさ

 A5サイズのintuos3 PTZ-630から、A4ワイドサイズのintuos4 PTK-840に大きくなったけど、印象はそれほどでもない。縦は入力面積ぶん大きくなり、横も使えるファンクションキーが片側に寄ったのでムダがない。奥行き70cmの机でintuos4、キーボード、モニターと縦1列に置けるのでちょうど良い。キーボード使用時もPTK-840にはぴったり載せられるので、大きいモノもいいものだ。

intuos4PTK-840とintuos3PTZ-630の面積差

Intuos4 Large PTK-840レビュー
Intuos4 サイズの選び方
Intuos4のペン・替え芯・オーバーレイシート

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
びといんさん URL 2009/05/05 16:55 編集
 さすが、良い物をお使いで。
 うちのインテュオス2も壊れて久しく、その後買い替えたのはFAVO CTE-440です。
さなだむし 2009/05/05 17:27
デジタルは機体性能が上の方が、圧倒できますから。
intuos3で使えないと判断したお絵かきソフトが、全く違う性能を発揮している。
いやほんと絵を描くなら、10万のソフトの前にintuos4を揃えることをオススメします。
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます