風景を撮る!「写真の学校」

 デジタル一眼レフカメラで、風景写真の撮影旅行に出かけるためのノウハウ本。

風景を撮る風景を撮る! 「写真の学校」

 基本はデジタル一眼レフカメラでの撮影です。各種撮影機材からデジタルデータの扱い方と、近所の公園から、四季折々の日本の風景(国内旅行)まで撮影することを目的に解説しています。

 数ページ毎に数多くの写真家による風景写真が掲載されていて刺激になる。わりと志し高めな読者を想定している感じです。発刊間もないこともあり、最新の『デジ一』ブームにマッチした内容になっています。

風景を撮る!「写真の学校」(雷鳥社)

 第1章と全体の文脈に『何を撮るか?』『どんな写真に仕上げたいか?』という、撮りたいモノへのイメージを持つようにと諭している。近所の公園でも、2泊3日の旅行でも、目的の撮影イメージにそって調べ・準備し・行動する。そうしないと撮影ポイントに迷ったり、現場で時間が過ぎてしまい、残念なことになります。また、目標を設定しないと反省点や達成感も得られないでしょう。

風景を撮る中身01

風景を撮る中身02

風景を撮る中身03

風景を撮る中身04

風景を撮る中身05

風景を撮る中身06

風景を撮る中身07

ISBN-13: 9784844135531
▼目次(風景を撮る!「写真の学校」
はじめに 風景写真で大切なこと p.8
もくじ p.10

1 風景写真への扉 p.17
撮影に出かける前に p.18
どこを撮るかイメージする/デジタルカメラ化による変化/着眼点の数だけ、撮影ポイントがある/マイ・フィールドを作ろう/季節を追う
Column 撮影スポット探し&視点の転換 p.38

2 風景写真の基礎知識 p.45
撮影機材とアクセサリーを揃える p.46
カメラ/レンズ/三脚/雲台/フィルター/ストロボ/レフ板/その他
Column 寒冷地での服装&バッテリー p.76
アングルと構図 p.82
ポジション、アングルの違いによる表情の変化を楽しむ/レンズワーク/構図(画面構成を考える)/ピント/被写界深度
Column 特殊な環境での機材管理について p.94
露出を操る p.100
光を捉える/露出とは?
Column マイクロフォーサーズ機で軽量化を図る p.118
色について[イメージした色を表現・追求] p.122
色温度/ホワイトバランス/仕上がり設定
Column レタッチ&プリントについて p.128

3 フィールドに出て風景写真を撮る p.133
フィールドへの準備 p.134
公園・植物園など/2泊3日~3泊4日(国内撮影)/海外撮影
Column バックアップを忘れずに p.142
Column ファームアップで性能アップ p.144
いざ、フィールドへ p.148
1.公園・植物園/2.花/3.新緑/4.滝/5.海/6.山/7.紅葉/8.雪景色/9.星
Column フォトコンテストに応募してみよう p.186
あとがき p.194
清水哲朗:デジ侍[グループ活動kwenda(クウェンダ)] p.198
奥付 p.199

ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 デジタルカメラ 風景
構図で決めよう!上手な写真の狙い方
いきなり上手くなる!プロのデジカメ写真術

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます