リアルアクションポーズ集 ガンアクション編

 軍の特殊部隊や、警察のSWATなど、チーム制のガンアクションを描くのに役立つ写真資料集です。

リアルアクションポーズ集ガンアクション編リアルアクションポーズ集 ガンアクション編

 モデルはCAT11という6人の女の子チーム。軍隊で戦闘経験もある教官につき国内で8ヶ月間、リアルなミリタリーアクションの訓練を受けています。教官は監修の小峯隆生、指導教官に元フランス外人部隊兵士・元傭兵を招聘したそうです。

 まずは「基礎編」で、さらっと銃と各部の名称、構え方を解説。1~3章は部隊に命令された作戦にそったストーリー仕立てのポーズカット集です。ポイントとなる場面カットの他、銃を構えた隊員の8方向×アイレベル・アオリ・フカンの24アングルがポーズ毎に収録されている。

 1章「ジャングル戦」は、宿営地から森の中で索敵、敵を殲滅して帰還。2章「市街地戦闘」は、空輸され空港格納庫などに設営された作戦基地から、目標建物を制圧する。3章「SWAT」は、警察が容疑者を包囲している建物に突入、人質救出と容疑者の身柄確保の任務です。

 4章は「(銃を構えた)基本ポーズ」で、装備をつけていない露出多めの基本姿勢のカットになっています。

元フランス外人部隊兵士、元傭兵らが指導「リアルアクションポーズ集 ガンアクション編」(アキバBlog)
【小峯隆生】キャメロン監督も認めた銃器のスペシャリスト(ZAKZAK)

 ミリタリーに詳しい人からツッコまれない様に、リアルな写真資料として仕上がっている。これでヘルメットをしっかり被ったら女性か?どうかも判らないくらい隙がありません。

 でも、漫画やイラストのポーズ資料としては、身体のラインがはっきり判る4章が一番ありがたいでしょう。リアルだと迷彩服は背景に溶け込む仕様だし、SWATは真っ黒の黒子のようでシルエットみたい。あまりにも『最強』過ぎて外連味がないです。

 あと装備の解説が銃だけなので、他に携帯している小物など、もう少し初心者向けの解説も欲しかった。ミリタリー雑誌を熟読している方たちを対象にした構成で、資料価値は高いものの、ちょっと敷居が高い感じです。

リアルアクションポーズ集ガンアクション編中身01

リアルアクションポーズ集ガンアクション編中身02

リアルアクションポーズ集ガンアクション編中身03

リアルアクションポーズ集ガンアクション編中身04

リアルアクションポーズ集ガンアクション編中身05

リアルアクションポーズ集ガンアクション編中身06

リアルアクションポーズ集ガンアクション編中身07

リアルアクションポーズ集ガンアクション編中身08

リアルアクションポーズ集ガンアクション編中身09

リアルアクションポーズ集ガンアクション編中身10

ISBN-13: 9784798603537
▼目次(リアルアクションポーズ集 ガンアクション編
本書の使い方 p.2
もくじ p.3

基礎編 p.4
銃の基礎知識(各部の名称) p.4
基本的な銃の構え方 p.6

CHAPTER 01 p.7
JUNGLE COMBAT ジャングルコンバット
STANDING POSITION(立ち姿勢) p.9
KNEELING POSITION 01(膝立ち姿勢) p.13
KNEELING POSITION 02(膝立ち姿勢) p.16
SITTING POSITION(座り姿勢) p.19
LOW READY POSITION(待機姿勢) p.24
UP READY POSITION(待機姿勢) p.27
OFFHAND FIRING POSITION(立射姿勢) p.30
BUDDY OFFHAND FIRING POSITION(立射姿勢) p.34
BUDDY KNEELING POSITION(膝立ち姿勢) p.37
PRONE POSITION(伏射姿勢) p.42
KNEELING POSITION(膝射姿勢) p.45
BARRICADE SHOOTING KNEELING POSITION(バリケードシュート 膝射姿勢) p.49
BARRICADE SHOOTING OFFHAND FIRING POSITION(バリケードシュート 立射姿勢) p.54
BARRICADE SHOOTING(バリケードシュート 警戒姿勢) p.57
BARRICADE SHOOTING PRONE POSITION(バリケードシュート 伏射姿勢) p.60

CHAPTER 02 p.63
市街地戦闘 CAT11-SF特殊部隊出動!!
STANDING POSITION(立ち姿勢) p.65
SNAKE FORMATION 01(スネークフォーメーション) p.70
360度警戒 p.75
SNAKE FORMATION LOW(スネークフォーメーション) p.78
ENTRY FORMATION(突入) p.81
180度警戒 p.85
MIDDLE MOVE POSITION(ミドルムーブ ポジション) p.88
URBAN PRONE POSITION(アーバン プローン) p.92
SNAKE FORMATION 02(スネークフォーメーション) p.95
ENTRY FORMATION 02(突入) p.98

CHAPTER 03 p.103
SWAT 警察特殊部隊
STANDING POSITION(立ち姿勢) p.106
STANDING POSITION 02(立ち姿勢) p.107
SNIIPER SITTING POSITION(座射姿勢) p.108
OFFHAND FIRING POSITION(立射姿勢) p.109
SITTING POSITION(座射姿勢) p.112
PRONE POSITION(伏射姿勢) p.115
SEARCH&MOVE(検索と警戒移動) p.119
COVER&MOVE 01(相互援護) p.123
COVER&MOVE 02(相互援護) p.127
SNAKE ROOM ENTRY(スネーク室内突入) p.132
ENTRY SNAKE(エントリースネーク) p.134
2MAN SNAKE(2マンスネーク) p.136
2MAN ROOM ENTRY(2マンルームエントリー) p.139
APPREHENSION(身柄確保) p.143

CHAPTER 04 p.146
BASIC POSE 基本ポーズ
STANDING POSITION(立射姿勢) p.147
KNEELING POSITION(膝射姿勢) p.150
READY POSITION(待機姿勢) p.153
PRONE POSITION(伏射姿勢) p.156

CAST:CAT11(CAT11の非公式ブログ) p.158
あとがき:映画監督/作家 小峯隆生 p.159
奥付 p.160

図解 ハンドウェポン
図解 現代の陸戦
Weapon: A Visual History of Arms and Armor

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
ゴーストさん 2012/05/15 16:34 編集
小峯さんが関わってるなら質は保障できるな
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます