世界一美しい団地図鑑

 18の傑作団地を紹介しつつ、団地のタイプ・間取り・歴史などの情報を盛り込んだ『団地の世界』に誘うガイドブックです。

世界一美しい団地図鑑世界一美しい団地図鑑(amazon)

世界一美しい団地図鑑 (honto)

 同潤会代官山アパート(1927年、関東大震災の復興期)~大川端リバーシティ21(1988年、東京湾岸開発の超高層マンション群)~東雲キャナルコートCODAN(2003年、複数の建築家が競った近未来都市空間)までの傑作団地18ヶ所の紹介がメインです。

 図鑑として、団地全体の配置図、間取り、構造・設備の解説、竣工当時の写真や設計段階の話など、興味を引く資料が適切に散りばめられています。


 団地の魅力を伝え、鑑賞どころを教えてくれる団地ガイドの入門書としても最適でしょう。

世界一美しい団地図鑑(エクスナレッジ)

 団地の歴史は産業革命期に工業都市化するにあたって、労働者用住宅を大量に供給することに始まります(英国)。日本でも工業生産の発達にともなう都市化で、住宅の大量供給の目的で増えていきました。

 でもその役割は終わり、今は人口減少期に入って郊外にある団地から廃墟になりつつあるのです。それも時代の流れというなら、そこそこ交通の良い団地を改修してお一人様用住宅として、安価に大量供給するのはどうでしょう?

 昔を懐かしむことのできる『団地の風景』を少しでも残して欲しい。

世界一美しい団地図鑑中身01

世界一美しい団地図鑑中身02

世界一美しい団地図鑑中身03

世界一美しい団地図鑑中身04

世界一美しい団地図鑑中身05

世界一美しい団地図鑑中身06

世界一美しい団地図鑑中身07

世界一美しい団地図鑑中身08

ISBN-13: 9784767813950
▼目次(世界一美しい団地図鑑
はじめに p.2
もくじ p.6-7

団地の基礎知識
住棟 p.8
間取り p.12
日本と海外の団地ヒストリー 集合住宅団地のルーツを辿る p.16

傑作団地案内 p.25
団地ガイド1.同潤会代官山アパート1927 p.28
団地ガイド2.都営高輪アパート1947 p.34
団地ガイド3.阿佐ヶ谷住宅1958 p.40
Column:阿佐ヶ谷以前にも存在していた前川テラス p.43
Column:晴海高層アパートと海上都市計画 p.46

団地ガイド4.晴海高層アパート1958 p.48
団地ガイド5.赤羽台団地1962 p.52
Column:団地の魅力が凝縮された募集パンフレット p.60
Column:公団創成期の設計者 津端修一氏を訪ねて p.62

団地ガイド6.多摩平団地1958 p.64
団地ガイド7.常盤平団地1959 p.65
団地ガイド8.前原団地1960 p.66
団地ガイド9.高根台団地1961 p.67
団地ガイド10.百草団地1969 p.68
Column:ポイント住棟の変遷 p.74

団地ガイド11.豊島五丁目団地1972 p.76
団地ガイド12.金沢シーサイドタウン並木団地1978 p.80
Column:大地への回帰 低層集合住宅 p.86
団地ガイド13.タウンハウス諏訪1979 p.88
Column:空から見た団地 p.94

団地ガイド14.木場公園三好住宅1980 p.96
Column:防災拠点整備と団地 p.99

団地ガイド15.大川端リバーシティ21 1988 p.100
Column:超高層団地の登場 p.105
Column:初期の団地の魅力を伝える貴重な資料 p.106

団地ガイド16.多摩ニュータウン向陽台1988 p.108
団地ガイド17.幕張ベイタウン1995 p.112
団地ガイド18.東雲キャナルコートCODAN 2003 p.116
Column:在りし日の団地 p.122

団地のディテール図鑑
外観 p.124
共用部 p.126
住戸 p.128
外構 p.130

団地の行方 団地再生の動きの魅力 p.132
著者略歴/奥付 p.136

団地ノ記憶
背景ビジュアル資料2団地・路地裏・商店街
超高層ビビル 日本編

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます