キャラクターCGスキルアップテクニック

キャラクターCGスキルアップテクニックキャラクターCG スキルアップ テクニック

 このCGイラストのテクニック集は、PhotoshopやPainterなどソフトの基本操作を知っていて、ある程度キャラクターCGが描ける人を対象にした中級以上の参考書です。

 よくある作者それぞれにメイキングを晒してもらう形式ではなく、各パーツ・効果に分けてテクニックを紹介している。この瞳の処理はどうやっているの?とか、この髪や肌の艶はどうやって出すの?とか、この雲や透明感のある背景はどうやって映すの?などの疑問に答えてくれます。


 4人のイラストレーターが「顔」「体」「服・アクセサリー」「自然・天候」「ファンタジー・異世界的要素」の5つのカテゴリーに分かれて53のテクニックを紹介します。「顔」が4人全員で担当、
「体」 内有一馬(FlowerCrownINDEX)、
「服・アクセサリー」 かたせなの(LOOP'S LOOP!)、
「自然・天候」 いけだじゅん(みずたまり)、
「ファンタジー・異世界的要素」 ユウヤ(狗ダマ)です。

 注目したのが制作環境。4人全員がWindows機、CPUはAthlon64が3人・Pen4が1人、メモリーは1Gが1人・2Gが3人、Photoshopは6.0が1人・7.0が3人、ペンタブレットはintuos3が3人・intuos2が1人。クリエーターレベルでも若くなればなるほどMac信仰がなくなっている。Photoshopも6・7以降ならイラスト描きにはバージョンアップの必要はないようだ。あと、かたせなの・いけだじゅんはモノクロ、漫画などにComicStudioを使っているそうです。

キャラクターCGスキルアップテクニック中身01
 
キャラクターCGスキルアップテクニック中身02
 
キャラクターCGスキルアップテクニック中身03
 
キャラクターCGスキルアップテクニック中身04
 
キャラクターCGスキルアップテクニック中身05
 
キャラクターCGスキルアップテクニック中身06
 
キャラクターCGスキルアップテクニック中身07
 
キャラクターCGスキルアップテクニック中身08

▼目次
■PART1 顔に関するテクニック p.15
顔&頭のバランスと注意したいポイント p.16 /瞳の彩色とバリエーション p.18 /髪にハイライトを加えて天使の輪を表現 p.21 /髪の毛に影をつけて柔らかい感じを出す p.24 /瞳を色トレースして柔らかくみせる p.26 /表情周りにメイクを施し完成度を上げる p.27 /Painterでサラッとしたイメージの髪を描く p.29 /笑顔を表現する瞳のバリエーション p.33 /彫りの深い中年男性の描き方 p.35 /しわが多い老人の描き方 p.39

■PART2 体に関するテクニック p.41
体のバランスのとり方と注意したいポイント p.42 /肌をなめらかな感じに彩色する p.46 /肌に赤みを加えて可愛らしく p.49 /肌にハイライトを加えて肉感的な感じを演出 p.51 /ハイライトの周囲に赤みを加えて艶やかな感じに p.54 /肌に新たな色味を加えて深みを出す p.56 /汗ばんだ肌で躍動感を表現する p.59

■PART3 服、アクセサリーに関するテクニック p.65
服をデザインするポイント p.66 /柔らかい質感の布を塗る p.67 /サテンなど光沢感のある素材を塗る p.71 /アクセサリー(革素材)を塗る p.73 /アクセサリー(金属)を塗る p.75 /ボアのふわふわした感じを表現する p.76 /布の質感を水彩画のように塗って表現する p.78 /テクスチャを使ってスカートの柄を表現する p.80 /タオル生地のような質感を出す p.82 /しわによる立体感の出し方 p.85 /服を引き立てるレースやリボンの描き方 p.87 /背景や状況にあわせて色味を加える p.90 /光の効果を入れて完成度を上げる p.93

■PART4 自然、天候に関するテクニック p.95
自然(背景)を生かしたラフを描く p.96 /距離を意識して遠景を描く p.97 /生い茂る木や葉を描く p.99 /河原の石や川の岩を描く p.104 /透明感のある水を描く p.107 /手前に対象を置いて奥行きを表現する p.111 /雨の日の背景の描き方 p.112 /雨に濡れた髪の描き方 p.116 /雨に濡れた服の描き方 p.118 /風の効果の描き方 p.120 /月光を利用した効果 p.122 /基本的な雲のパターンの描き方 p.124 /夕焼け(朝焼け)を利用した効果 p.127

■PART5 ファンタジー、異世界的要素に関するテクニック p.129
キャラクターの「角」を描く p.130 /キャラクターの「尻尾」を描く p.133 /質感を意識して「金属の鎧」を描く p.136 /重量感と光沢を意識して「剣」を描く p.140 /クリーチャーを描く1「硬質な皮膚」 p.144 /クリーチャーを描く2「柔らかい皮膚」 p.148 /光のエフェクトの描き方1「宝石」 p.150 /光のエフェクトの描き方2「魔法陣」 p.153 /「霊体」のようなクリーチャーを描く p.156 /動物などの毛並みの表現 p.158
(全53項目)

キャラクターCG 学校・制服 テクニック
キャラクターCGスキルアップテクニック2

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます