スーパーマンガデッサン

スーパーマンガデッサンスーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン
 文/林 晃、画/松本 剛彦・森田 和明

 漫画やアニメのキャラを模写するのは慣れてきたけど、何も見ないで描くことが出来ない。その先に進むには、対象をじっくり観察して描くデッサンと、対象を見ないで、頭で考えて描くマンガデッサンの違いを理解しないと始まりません。

 僕なりにマンガデッサンを要約すると、「やさしい人物画」で学べる基礎的な人物デッサンの知識と、漫画やアニメに見られる簡略化されたキャラクターパーツを組み合わせることにより、自由にポーズを決めてキャラを動かすことが出来るようになると。

 それに必要な、各パーツや老若男女の描きわけ、アタリから始まる描き方など、多くの漫画参考書が省略してしまう、細かい線の一本一本まで、この本では解説してくれます。作例も、クセのない絵柄で上手な方を起用していて、数も大変豊富で、お得な参考書でした。

スーパーマンガデッサン(グラフィック社)

スーパーマンガデッサン中身01
 
スーパーマンガデッサン中身02
 
スーパーマンガデッサン中身03
 
スーパーマンガデッサン中身04
 
スーパーマンガデッサン中身05

目次(スーパーマンガデッサン)

第1章 考えながら描くマンガデッサン p.5
デッサンとマンガデッサンの違い p.6
マンガデッサンの現場から(1) p.8
 女性の立ちポーズを描く p.8
 女性の顔のアップを描く p.12
マンガデッサンの現場から(2) p.16
 男性の立ちポーズを描く p.16
 試み…逆向きを描く p.20
マンガデッサンは考える基礎力である p.22

第2章 マンガデッサンで顔を描く基礎 p.23
顔のアタリ(まるバッテン)の基本 p.24
 まるバッテンは頭部の縮図 p.26
顔を描く手順 p.28
 同じ顔を描く p.29
 いろいろな顔を描く p.30
頭部の基本 p.36
 頭部の立体感を捉えよう p.36
 顔パーツの基本 p.38
顔と筋肉と表情 p.41
 顔面の筋肉の動きによる表情表現 p.42

第3章 マンガデッサンでからだを描く基礎 p.45
作画の基本は背骨 p.46
 ボディを貫く背骨 p.47
 動きを生み出す背骨 p.48
 ボディができたら手足をつけよう p.49
体を描く手順 p.50
背骨を正面から捉える線 p.56
 背骨と正中線を使って立ちポーズを描く p.57
 存在感のある正面立ちポーズは正中線で決まる p.58
立ちポーズと重心 p.60
 立ち幅を気にして描いてみよう p.60
体の構造 p.64
 重要な部位と名称 p.64
 アウトラインに関わる筋肉 p.66
 アウトラインの表現 p.69
男女の描き分け p.72
 体の表現 p.73
 バランスの違い p.76
主要な関節の構造と動き p.80
 1.首の構造と動きの基本 p.80
 2.背骨のしくみと胴体の動きの基本 p.88
 3.肩と腕のつながりと動きの基本 p.96
 4.脚の構造と動きの基本 p.104
 5.手と指の構造と動きの基本 p.108
 6.足の構造と動きの基本 p.112

第4章 マンガデッサンからデザインへ p.117
デフォルメの基本 p.118
キャラデザインのテクニック p.120
顔のデフォルメによるデザイン p.122
 全身のデフォルメによるデザイン p.126
個性的なキャラを作るテクニック p.130
 軽快なやせ型キャラ p.130
 強そうな筋肉キャラ p.132
 不気味な筋肉キャラ p.134
 スリムな女性キャラ p.136
 親しみやすいチビキャラ p.138
キメポーズを描く実際 p.140
箱を意識した作画法 p.144
 立体的に見えるキャラとは p.144
 キャラを箱に入れてみよう p.146
 箱からキャラを描く手順 p.148
服を着たキャラの表現テクニック p.150
 服表現の基本 p.150
 キャラに服を着せて描く実際 p.155
動きのあるポーズを描いてみよう p.158
カバーキャラデザインの現場 p.165
 着色してみよう p.169
グレードアップ術 p.172
 グレードアップする彩色 p.173
 グレードアップされた完成原稿 p.175
「マンガデッサンの本質を語る」 p.178

スーパーマンガデッサンシリーズ一覧

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます