コミッカーズアートスタイル Vol.2

 コミッカーズアートスタイルの2冊目。特集は「世界観の見せ方」です。

コミッカーズアートスタイル2コミッカーズアートスタイル Vol.2 世界観の見せ方

 今号の「世界観の見せ方」は特集としてがんばっています。メイキングはカイエダヒロシ・放電映像(激マン6 Photoshopスーパーテクニックにも収録)・高屋未央の3人で、okamaのロングインタビューをはじめ取材誌面もしっかりしている。連載記事の「マンキ!」「マンガ編集の現場」も漫画のネタと応募作のテーマ選びと関連性があります。イラストあり・前嶋重機のカラー漫画も始まって充実した内容です。

 特集の「世界観の見せ方」は2つあって、イラストなどの絵で表現するものと、ストーリーで構築するものとがあります。絵の方は、よほど独特の絵柄でない限り『背景』を描いた方が世界観は出せる。背景、小物、キャラクターの服装、さらには表情も含め、1枚のイラストでも物語があるかのように魅せれれば成功かと思う。

 もう一つのストーリーの世界観は「オリジナルのこだわりを持ったストーリーの見せ方」とも云える。最後に主人公は不幸で終わるとか、ラストは必ず敵の親玉との一騎打ちとかのこだわりです。起承転結などのパターンは踏むにしても、その作品ごとの決まり事、もしくは作品が違っても変わらない作者自身の譲らないポリシーみたいなものでも良いと思う。それが独特のストーリー、『世界観』にも通じることになるのでしょう。

コミッカーズアートスタイル2中身01
 
コミッカーズアートスタイル2中身02
 
コミッカーズアートスタイル2中身03
 
コミッカーズアートスタイル2中身04
 
コミッカーズアートスタイル2中身05
 
コミッカーズアートスタイル2中身06
 
コミッカーズアートスタイル2中身07
 
コミッカーズアートスタイル2中身08

▼目次(ComickersArtStyle Vol.2
okama カバーイラスト・折込ピンナップ
田中達之「桿体(かんたい)カメラ」ピンナップ p.3
もくじ p.6-7

世界観の見せ方
世界観の見せ方 p.8
okamaインタビューokama_site p.12
カイエダヒロシメイキング・インタビュー p.20
放電映像メイキング・インタビュー p.28
4つのポイントでわかりやすくストーリーを作ろう! p.34
 ポイント1 なによりもキャラクター作りが一番大事!
 ポイント2 ストーリーを一言で説明できるようになろう!
 ポイント3 対立する構造を盛り込もう
 ポイント4 流れに沿って物語を作ろう
世界観を見せるとは p.42

Comickers Gallery sellection
中村至宏イラスト p.43
ひろき真冬イラスト p.44
山田秀樹(こんちき)イラスト p.46
AKIRAイラスト p.48
仄暗き姫の吐息 第1話 前嶋重機 カラー漫画・インタビュー p.50
コギトエルゴズム1回 高屋未央 カラー漫画・メイキング p.62
専門学校紹介 p.79

C's Press actual & active information for Comickers
星野リリィ魔法細工』 インタビュー p.87
山田章博の世界 ファンタジー アートワークス p.88
村田蓮爾責任編集『robot』Vol.5 okama/三部けいインタビュー p.90
桜蘭高校ホスト部 担当者コメント p.92
SPARKS! 完全版 いづなよしつねインタビュー p.93
小畑健画集blanc et noir』担当編集者コメント /『GAM4 GAINAX NET Art Museum 4』 p.94

菅野博之の「マンキ!」第3回 p.95
 月並みのネタとオリジナリティについて
マンガ編集の現場ベテラン編集者・江藤千恵子が本音で指導!
 第2回 応募作のテーマ選び p.107
invisible stories 4 のっぺらぼう 森山由海×藤木凛 イラスト絵本 p.113

第44回イラストマスター展 p.117
次回予告 p.128

コミッカーズアートスタイル 雑誌一覧
漫々快々
マンガ編集者が語るおもしろさの創り方

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます