イラストレーション 2013年3月号 No.197

 イラストレーターの作品紹介や、描き方についてのインタビューを収録した季刊雑誌。今号の特集記事は「桂正和インタビュー」と「女の子を描く」です。

イラストレーションNo.197illustration (イラストレーション) 2013年03月号

 巻頭特集は「桂正和」で、仕事場に訪問してのインタビュー6000字。全28ページで、テキスト中心の記事は4ページ、残りは取材内容に応じたカラーイラスト・漫画のカット・設定線画・ラフになります。大半は「桂大全」にも収録されているカットで、ないのは最新のZETMANの他、下描き数カットといったところ。

 次の特集「女の子を描く」は、「ストップ!!ひばりくん」の漫画家江口寿史、イラストレーターおおたうに、小岐須雅之。それぞれに「女の子の描き方」を発想から理想像までと、画材について語ってもらいます。


 ほか、広告イラストレーター:Noritake(のりたけ)、書籍の装画:スカイエマ、グラフィックデザイナー:クラウス・ハーパニエミに、作品や描くことについて掘り下げたインタビューをしている。

 以下、イラストレーションの専門誌として作品展など業界情報の記事になります。

イラストレーション 2013年3月号 No.197(玄光社)
Illustration Japanese Magazine No.197 Book Review(Halcyon Realms)

 漫画家のお2人には「イラストレーションとマンガの違いについて」の質問がある。カラーの画材は桂先生がコピックとリキテックス、江口先生がデジタル彩色です。

 桂大全にも作品の方向性(あの編集のプレッシャーでラブコメを描いていた)などつっこんで語られていますが、こちらは女の子キャラの絵柄の変化について、ちゃんと聞き出している。さすが専門誌です。

イラストレーションNo.197中身01

イラストレーションNo.197中身02

イラストレーションNo.197中身03

イラストレーションNo.197中身04

イラストレーションNo.197中身05

イラストレーションNo.197中身06

イラストレーションNo.197中身07

イラストレーションNo.197中身08

雑誌01679-03 : 4910016790337
▼目次(イラストレーション 2013年3月号 No.197
もくじ p.3
特集1 桂 正和 p.4
特集2 女の子を描く
江口寿史 p.32
おおたうに p.40
小岐須雅之 p.48
-----------
Noritake p.56
スカイエマ p.68
クラウス・ハーパニエミ p.80
対談 竹中直人×平尾 香 p.86
ストックイラストの現在形 p.90
The Choice 大久保明子さんの審査 p.96
池田あきこ「猫のダヤン」30周年 p.104
安西水丸とスペースユイ p.106
TOPICS p.108
Books Review p.111
プレゼント p.112
展覧会情報 p.114
インフォメーション p.117
コンペティション p.118
宇野プロダクト p.119
奥付 p.127
広告 p.128-142

桂正和先生『ZETMAN』作画映像を限定オンエア!(1/2) 桂正和先生『ZETMAN』作画映像を限定オンエア!(2/2) (YouTube)

桂大全 桂正和画業30周年記念本
マンガ脳の鍛えかた
人気「美姫」絵師に聞いてきた彼らが巧くなった理由

▼過去のレビュー記事(ランダム表示)
▼コメント
▼コメントを投稿する
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード ※パス入力すればコメント編集できます